🏡40代で家を建てる

少ない頭金で建てる夢のマイホーム。理想の住まいの実現を目指します。

プラン

「家相」を気にするかしないか

投稿日:2018年3月23日 更新日:

現在、住宅ローンの事前審査の結果待ちですが、工務店とのプランの打ち合わせは進行しています。とは言っても、2週間に1回程度の打ち合わせです。

この工務店では、設計料(申込金)をこの段階で支払います。そして、より詳細なプランを作成していきます。

これまで、様々な要望は伝えてきたつもりでも、意外と後から後から出てくるものです。

その1つに「家相」がありました。

私は、そこまで占いや風水などを気にするほうではないけれど、家を建てるとなると「家相」が多少なりとも気になります。特に、よく知られている「鬼門(きもん)」「裏鬼門(うらきもん)」は気にする方も多いのではないでしょうか・・・

 

「鬼門」「裏鬼門」に避けたほうが良いもの

☆鬼門・・・北東の方位

☆裏鬼門・・・南西の方位

この「鬼門」と「裏鬼門」の幅はそれぞれ60度。そして、中心を結ぶ「鬼門ライン」も重要です。

鬼門と裏鬼門の方位では、に関わるものを避けたほうが良いとされています。お風呂の湯船、トイレのタンク、コンロ、キッチンのシンクなどがそれにあたります。

また、鬼門ラインには、開口部を設置しないほうが良いとされています。玄関などです。どうしても窓が必要な場所なら、開閉できない窓にするなどの対策をすればいいようです。ラインから15度以上離れていれば気にしなくてもいいです。

 

なぜ避けたほうがいいの?

昔は、北東の方位は、日当たりが悪くジメジメとしている為、水回りを置くのは良くないとされてきました。

また、北西の方位は、逆に日差しが強く物を腐らせてしまうということから避けられてきました。

このように家相は先人の知恵が基本となっています。

今の住宅は、昔と違い、上下水が整備され水洗トイレになったりと衛生面でも向上しているので、昔ほど鬼門の水回りを気にしなくてもいいようですが、鬼門と鬼門ラインを綺麗にしておくことは大事です。

 

工務店には、鬼門と裏鬼門の最低限の方位だけは考えて間取りを考えたい、とは伝えてあります。他にも気にし出したら色々あるのかもしれませんが、気にし過ぎると快適に暮らせる家ではなくなる可能性もあるので、我が家は、最低限の家相だけにしておこうと思います。

 







-プラン

執筆者:

関連記事

「2階リビング」って実際どうなの?

結婚してから、引っ越しを8回以上してきました・・・ そんな中、今までの住まいで良かった点、おススメの点をご紹介したいと思います。   2階リビング 以前住んでいた中古の店舗併用住宅。店舗併用 …

他の工務店にも行ってみる

私達は、初めの甘い考えのせいで、見積もりの総額に驚いてしまい、他の工務店でも話を聞くことにしました。→「概算見積もりで注意しなければいけないこと」 土地が決まり、借りられる金額も決まると、建物に掛けら …

水回りの打ち合わせ

水回りは、多くのメーカーがあるけれど、特にメーカーにこだわりがなかった私達は、工務店さん推奨の「リクシル」にすることにしました。   ショールームへ ショールームって何だかわくわくしますね♪ …

工務店決定!

前回書いたように、土地も決まる前から、建ててもらう工務店をほぼ決めていた私達。 ⇒「工務店探し」 今回は、その決め手になったことを書きたいと思います。   私達がなぜその工務店を選んだのか …

工務店探し

「工務店探し」と言っても、私達の場合、すぐにお願いしたい工務店が見つかったので、あまり「探した」感じではないし、住宅展示場巡りもしていません・・・ 家を建てたいと思うようになってから、土地を探すのと同 …

こんにちは!「あくあまりん」です。
40代で建てる店舗併用住宅。
土地探しから家が完成するまでの奮闘や、
その後の暮らしにまつわることを綴って
います。

詳しいプロフィールはこちら

 

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930