🏡40代で家を建てる

少ない頭金で建てる夢のマイホーム。理想の住まいの実現を目指します。

土地

気になっている土地

投稿日:2018年3月12日 更新日:

土地探しで、「ビビッ」ときたら即行動!と書きましたが

「土地の決め方」

 

実は、私もようやくそのような土地に出合いました!

すべての条件が揃う土地ではないけれど、私達の優先順位に合った土地です。しかし、即決できない理由が。

それは・・・価格です。200万円程予算がオーバーしているのです。本来なら(店舗併用住宅でなければ)土地の予算がオーバーしていたらやめておくところですが、店舗併用住宅の場合は立地がとても重要。その立地が、私達夫婦がイメージしていたものにすごく近いのです。個人の店ですので、大通り過ぎず中に入り過ぎていない場所を考えていました。それに、周りの環境もいい感じです。この土地ならこれからの生活のイメージが湧きます。

そこで、すぐにその土地に決めることはできないけれど、工務店に概算見積もりを出してもらい、全体でどのくらいの価格になるのかを見てみることにしました。

 

土地と建物の同時進行

実は、この土地と建物の計画の同時進行はとても大事でした。考えている土地に、思い通りの建物が建つかということや、トータルでの価格を知らないと、予算が大幅にオーバーしてしまったりするからです。

また、それだけのローンも借りられるか、返していける金額なのか・・・ということもあります。

 

買い手が現れないことを祈る

私達が気に入った土地は、まだ市場に出て間もないこともあり、価格交渉はほとんどできないとのこと。「買いたいが、予算がオーバーしているので、建物とのバランスで決めたい」ことを不動産屋さんに相談しました。

物件を確実に抑えておくことはできないけれど、一応そのつもりでいてくれるとのこと・・・曖昧ではありますが、こちらの意思表示と状況だけでも伝えておいたほうがいいかな、と。

間違いなく買うのであれば、申込金を払って物件を抑えておくことができますが、私達の場合、予算が大幅にオーバーするようであれば、その土地は買えないので・・・。

「他に、いい条件で(例えば表示価格のまま現金で)買いたいという人が現れたらわかりません・・・」と不動産屋さんに言われているので、毎日ドキドキです(-_-;)

どうか現れませんように!

 

※その後、申込書だけは提出し(手付金はまだ)一応、一番手で押さえてもらっている状態です・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 







-土地

執筆者:

関連記事

土地に制約がないか注意!

土地を探していると、物件の詳細の欄にいろいろと書かれていることに気づきます。 「用途地域」「建ぺい率」「容積率」など。知らずに土地だけを先に買ってしまって、自分のイメージしていた家が建てられない!なん …

土地の契約

申し込みをしていた土地を、とうとう「契約」しました!(手付金を払いました!) やはり、予算はオーバーしているけれど、私たちの場合、お店の立地も大事だから・・・と考えた結果です。2年ほど土地を探してきた …

土地が見つからない!

注文住宅を建てるとなると、まずは土地を用意しなければなりません。 しかし、この「土地を探す」というということが、またしても大変だということを思い知らされる事となりました。 →「あせって不動産を購入しな …

土地の決め方

土地を探していて、すぐに希望通りの土地が見つかればいいですが、なかなか見つからないことのほうが多いのではないでしょうか・・・。 前回、「土地の探し方」を書きましたが、土地探しが長くなってくると、 ★精 …

「農地の転用」と「地目の変更」

地方ではよくある、売地の地目が「田」や「畑」。 私達が、やっと見つけて申し込みをした土地も、地目が「畑」でした。 ですので、「農地法第5条許可必要」と書かれていました。住宅を建てるには、農地の転用の許 …

こんにちは!「あくあまりん」です。
40代で建てる店舗併用住宅。
土地探しから家が完成するまでの奮闘や、
その後の暮らしにまつわることを綴って
います。

詳しいプロフィールはこちら

 

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930