🏡40代で家を建てる

少ない頭金で建てる夢のマイホーム。理想の住まいの実現を目指します。

内装工事 完成前

内装工事

投稿日:2019年7月26日 更新日:

工事の経過

上棟工事から、屋根工事、断熱工事、外壁工事、サッシ取り付け・・・などなど、工事は順調に進んで行きました。

現場に行くたびに変化があって、毎回とても楽しみでした。

当初、工事期間は天候などのことも考慮して、余裕をみて7か月でした。それでも長い方だと思いましたが、注文住宅だし、1階が店舗ということもあるので仕方ないかな、と思っていました。

その後も順調に工事は進み、内装の工事にも入りました。

 

水回り設備の設置

内装工事に入り、早3か月・・・

キッチンやお風呂・トイレなど水回りの設備が設置されると、一気に家らしくなり、とても感動しました。自分で選んだものなので尚更です。「ここで暮らすんだ」という実感がますます湧いてきます。

 

何か様子が変!

と、ここで、

内装の打ち合わせも含めて、すべての打ち合わせが終わっているのですが・・・

約3週間、工事が進んだ気配が無い・・・クロスの下地段階で止まっている!?

旦那も確認しているので間違いないです、進んでいないです・・・。工事完了予定まですでに1か月切っているのに・・・です。

このころは、「今日こそは進んでるかな?」と思いながら現場に行っていたのを思い出します。でも寂しいかな、誰もいない・・・。

工事が予定までに終わらないことは、素人からみても明らかでした。

現場監督に聞いてみると、「すみません、遅れています・・・」しか言ってくれないし。

きっとよその現場が忙しくて、職人さんが足りていなかったんだと思います。工務店の業績も好調らしく、とても忙しそうでしたので・・・。また、こちらがあまりに急かして、手抜き工事になっても嫌だし・・・難しいところですね。

※ちなみに、この地点で地鎮祭・着工から6か月半が経っています。

 

2か月遅れで引き渡し!

その後、現場監督が新たな工程表を作成し直し、やはり工期が延びることになりました。

結局、引き渡し(竣工)は約2か月遅れとなりました。賃貸マンションの家賃を予定より2か月分多く払わなくてはいけなくなり、予想外の出費となってしまいました(´;ω;`)これは痛い!

 

引き渡しも、「晴れて引き渡し」とは行かず、この後いろいろなトラブルが待ち受けていました・・・

 

詳しくは、「完成後のトラブル」を御覧ください。







-内装工事, 完成前

執筆者:

関連記事

地鎮祭&着工式

地鎮祭 いよいよ、地鎮祭の日! 天候にも恵まれ、というか残暑が厳しく暑い日でした(8月末でした) 地鎮祭とは、そもそも・・・ その土地に住む神様に挨拶をし、鎮めて、受け入れていただくお許しを得ること。 …

上棟式

基礎工事が始まって約1か月、いよいよ上棟工事が始まりました。私達の工務店では、2日間かけて上棟工事が行われます。「上棟」って何だっけ?と初めは思いましたが、「棟上げ」または「建前」と言ったほうがわかり …

土地の整地

土地が・・・ とうとう私たちのものとなった土地ですが、土地の引渡しから着工まで間が空いたため、夏の猛暑で草が伸び放題になっていて、ものすごい状態に!長い草だと1mくらいはあるんじゃないかと・・・本当に …

基礎工事

地盤調査 住宅には一般的な「スウェーデン式サウンディング方式」という方法で、敷地内の4箇所の地盤を測定・調査しました。 私達は、調査するところを見ていないのですが、調べてみると・・・ スクリューポイン …

こんにちは!「あくあまりん」です。
40代で建てる店舗併用住宅。
土地探しから家が完成するまでの奮闘や、
その後の暮らしにまつわることを綴って
います。

詳しいプロフィールはこちら

 

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930