🏡40代で家を建てる

少ない頭金で建てる夢のマイホーム。理想の住まいの実現を目指します。

完成前 木工事・外部工事

上棟式

投稿日:

基礎工事が始まって約1か月、いよいよ上棟工事が始まりました。私達の工務店では、2日間かけて上棟工事が行われます。「上棟」って何だっけ?と初めは思いましたが、「棟上げ」または「建前」と言ったほうがわかりやすいかもしれませんね。

 

上棟1日目

あいにくの雨模様でしたが、午後には青空が覗いてきました。足場が組まれ、次々と柱が建てられていく様子は、まさに圧巻です!職人さんたちの手際の良さにただただ感心しきりです。

また、やっと立体的に「家」というものを感じることができ、急に、ここに家が建つという実感が湧いてきました。

 

上棟2日目

今日は朝から快晴です。きのうに引き続き梁や柱が組まれていきます。迫力があって、ずっと見ていても飽きません。

基礎工事の段階では、「あれっ?うちの家小さくない?」と心配になりましたが(土台のコンクリートで囲まれた各部屋はとても狭く見えました)柱が組まれた途端、大きく見えるから不思議です!

上棟工事の2日間、お昼の仕出し弁当を手配し、お出ししました。強制ではなく任意でしたが、聞いたからには無しというわけにもいかず・・・安全祈願と上棟のお祝いの意味も込めて・・・

(2日間で3、4万円の出費だったかと記憶しています💦)

 

上棟式

上棟工事が終わり、その日の夕方、「上棟式」が行われました。最近はこのような儀式は省略されることも多いかもしれません。ですが、私達の工務店では毎回やっているそうです。骨組みが完成したところで、ここまでの工事の無事を感謝するのと同時に、建物の完成を祈願する意味があるようです。

お供え物や餅投げなどの用意はすべて工務店が用意してくれるので、私達はさきほどの「2日間の昼食」「職人さんたちへのご祝儀」だけを用意しました。

何をしたかというと・・・

「施主による木組み納め」

「神棚に祈願」

「乾杯」

「餅投げ」

「棟梁あいさつ」「施主あいさつ」

「記念撮影」

などです。お餅投げでは、ご近所の子供たちが思っていたよりもたくさん来てくれて、とても盛り上がりました♪

それなりに出費はあるけれど、長女は参加できたし、私達も滅多にない経験ができたので、上棟式をやって良かったと思います。

 

 

 

 







-完成前, 木工事・外部工事

執筆者:

関連記事

基礎工事

地盤調査 住宅には一般的な「スウェーデン式サウンディング方式」という方法で、敷地内の4箇所の地盤を測定・調査しました。 私達は、調査するところを見ていないのですが、調べてみると・・・ スクリューポイン …

土地の整地

土地が・・・ とうとう私たちのものとなった土地ですが、土地の引渡しから着工まで間が空いたため、夏の猛暑で草が伸び放題になっていて、ものすごい状態に!長い草だと1mくらいはあるんじゃないかと・・・本当に …

地鎮祭&着工式

地鎮祭 いよいよ、地鎮祭の日! 天候にも恵まれ、というか残暑が厳しく暑い日でした(8月末でした) 地鎮祭とは、そもそも・・・ その土地に住む神様に挨拶をし、鎮めて、受け入れていただくお許しを得ること。 …

内装工事

工事の経過 上棟工事から、屋根工事、断熱工事、外壁工事、サッシ取り付け・・・などなど、工事は順調に進んで行きました。 現場に行くたびに変化があって、毎回とても楽しみでした。 当初、工事期間は天候などの …

こんにちは!「あくあまりん」です。
40代で建てる店舗併用住宅。
土地探しから家が完成するまでの奮闘や、
その後の暮らしにまつわることを綴って
います。

詳しいプロフィールはこちら

 

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930