🏡40代で家を建てる

少ない頭金で建てる夢のマイホーム。理想の住まいの実現を目指します。

土地

「農地の転用」と「地目の変更」

投稿日:2018年3月29日 更新日:

地方ではよくある、売地の地目が「田」や「畑」。

私達が、やっと見つけて申し込みをした土地も、地目が「畑」でした。

ですので、「農地法第5条許可必要」と書かれていました。住宅を建てるには、農地の転用の許可が必要ということです。

 

農地の転用について

●農地を農地以外の目的に利用する(→これを農地の転用という)場合に課せられる制限がある。

●農地転用に当たって、農地法では原則「農林水産大臣」または「都道府県知事」の許可を要すると規定している。(→これが農地の転用制限)

●農地の所有者が自分自身で転用し利用する場合は「4条許可」、転用を目的として農地の売買をしようとする場合は「5条許可」になり、許可が必要である。

 

※例外として、「市街化区域」内の農地転用は、農業委員会に届け出をすれば、許可の必要はありません。(届け出だけの場合は費用も安いです)

※転用の条件に応じて、許可基準が詳細に規定されている為、宅地建物の取引には注意が必要です。

土地を決める前に、不動産屋さんで詳しく聞いておくと良いと思います。

 

農地の転用に、費用はどのくらい掛かるのか

行政書士などが行う場合の相場は、

届け出⇒3~5万円

許可⇒5~15万円

合計⇒8~20万円

農地の状態によっても幅があるようです。例えば、測量が必要だったり、土地改良の必要な土地だったり、開発許可申請が必要な土地などは高くなります。

 

農地転用の許可が下りるには、どのくらいの日数が掛かる?

地域によっても違いますが、大体1か月に1回締切日があって、その後に審査があり、順調にいっても許可が下りるまで約1か月半くらいは掛かるようです。締め切りのタイミングによっては、もっと掛かるので、時間が掛かると思っておいた方がいいと思います。

 

地目の変更について

農地転用の許可が下りたからといって、地目が変更されたわけではありません。(田や畑のままです)

地目の変更は、建物の工事が完了してから申請・手続きとなります。

また、地目変更は「法務局」の管轄となります。手続きを終え、認可されれば、やっと地目が「田」や「畑」から「宅地」へ変更されます。

 

地目の変更に、費用はどのくらい掛かるのか

こちらは「土地家屋調査士」にお願いすることになり、大体5万円前後に実費が相場のようです。実費とは、登記簿謄本の取得費や交通費などです。

※地目の変更は、農地転用の許可に比べて、必要書類も少なく、手間もあまり掛からないため、自分で行えば「実費」だけで済むので、こちらだけ自分で申請するという方も多いようです。しかし、測量が必要な分筆登記や、ややこしい土地の場合は、手間と労力を考えると、お任せしたほうがいいのかも知れません。

 

 







-土地

執筆者:

関連記事

土地が見つからない!

注文住宅を建てるとなると、まずは土地を用意しなければなりません。 しかし、この「土地を探す」というということが、またしても大変だということを思い知らされる事となりました。 →「あせって不動産を購入しな …

土地の契約

申し込みをしていた土地を、とうとう「契約」しました!(手付金を払いました!) やはり、予算はオーバーしているけれど、私たちの場合、お店の立地も大事だから・・・と考えた結果です。2年ほど土地を探してきた …

気になっている土地

土地探しで、「ビビッ」ときたら即行動!と書きましたが ⇒「土地の決め方」   実は、私もようやくそのような土地に出合いました! すべての条件が揃う土地ではないけれど、私達の優先順位に合った土 …

土地の探し方

前回、土地を探すということの難しさを書きました。 →「土地が見つからない!」   運のいい人は、探し始めてすぐに理想の土地に巡り合えるかもしれません。しかし、条件のすべてに合った完璧な土地を …

土地の決め方

土地を探していて、すぐに希望通りの土地が見つかればいいですが、なかなか見つからないことのほうが多いのではないでしょうか・・・。 前回、「土地の探し方」を書きましたが、土地探しが長くなってくると、 ★精 …

こんにちは!「あくあまりん」です。
40代で建てる店舗併用住宅。
土地探しから家が完成するまでの奮闘や、
その後の暮らしにまつわることを綴って
います。

詳しいプロフィールはこちら

 

2021年6月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930