🏡40代で家を建てる

少ない頭金で建てる夢のマイホーム。理想の住まいの実現を目指します。

過去の不動産・住まい

人生初の一戸建ては失敗だらけ

投稿日:2018年3月3日 更新日:

私たちは結婚して、離れの借家からスタートしました。

結婚して借りた「離れ」

 

その後、私たちがアパートに引っ越してから、義父母から「家を建てたらどうか」という提案を旦那さんにしてきたそうです。私は直接聞いていないのですが、持っている土地に建ててくれるという話だったそうです。赤ちゃんを連れて帰って来られるように、と。

旦那さんは三男でしたが、長男夫婦が田舎に帰ってくるか分からなかった為、私達に居て欲しい感じでした。

私も、建ててくれるのなら・・・と軽い気持ちでしたし、初めての出産が近づいてきていて、それどころではなかった時期でした。(義父母ときちんと4人で話し合っていればよかったと後悔しています)

私たちも、ずっとその地に住むと思っていたし、家を建てれば快適な生活ができるだろうと思っていたので、「ありがたい話だ」・・・なんて思っていたのんきな私!書いていて恥ずかしくなります💦

 

「あやふや」なまま建てた一戸建てによって、とんでもないことが!

出産後に帰って来られるようにと、急ピッチで家の工事が進みました。大きいお腹で地鎮祭などには参加しましたが、こちらは、建ててもらう側。そのころ流行った「カウンターキッチン」と「クローゼット」だけは欲しいことを伝え、あとはお任せでした。

いざ、出産を終え、長女を連れて新居へ。

そこで、早くも後悔の嵐・・・。いくら建ててくれるとはいえ、ほとんどお任せだったからいけなかったんです。一応間取りは確認しましたが、あまりこちらの意見は言えない立場です。でも、義父母の親戚の工務店だから、と安心していました。

しかし!住み始めるといろいろおかしな箇所が・・・

●「カウンターキッチン」は絶対条件だったが、カウンターキッチンとは名ばかりで、板が乗せてあるだけで面取りもされていない。

●「クローゼット」も名ばかりで、引き戸を開けると、ポールだけは設置してあるが、高すぎて背伸びしないと手が届かない。

●クローゼットの引き戸の扉がきちんと閉まらない。(水平じゃない!?)

●雪も多く寒い山奥なのに、二重サッシではなく、底冷えする寒い家。断熱材はどうなっているのか疑問に思うほど結露がひどい。虫(カメムシやムカデ、ヤスデなど)が大量に入って来る。

 

そして、いちばんの極めつけが・・・

●義父母が建ててくれたはずが、「若いうちは苦労したほうがいいから」との理由で、上手に私たちが家のローンを払うことにされてしまったということ!!

ローンの金額もすでに決まっていて毎月12万円!!事業用のローンなのか?期間が短くて毎月の金額が多いというものです。当時旦那さんのお給料が20万そこそこだったので、半分がローンなんてあり得ないことです!!「やられた~!!」って感じでした。さすがに、お給料を少し増やしてもらいましたが、毎月の家のローンを私たちが払う事にになったのでした。

この金額は本当に大変でしたが、「早くローンが終わるから」と自分に言い聞かせて、節約の日々を送ることになります。

 

義父母の親戚なので、欠陥住宅とは言わないけれど、不備の多い家。そして、毎月の高いローン。人生初の一戸建てはこのように後悔するものとなりました。

※後日、その親戚という工務店の人に、「クローゼットが変だから」と見に来てもらったのですが、「どこがおかしいのかね??」と逆に聞かれてしまい、、、諦めました( ノД`)

「持っている人は持っている・・・」に続く・・・







-過去の不動産・住まい

執筆者:

関連記事

持っている人は持っている~その2~

私達夫婦は、中古の店舗併用住宅をリフォームして、1階で飲食店を経営して2階で生活していました。 しかし、借入額が多すぎたため、毎月のローンの支払いが大変でした。途中、返済期間を延ばしてもらったりもしま …

持っている人は持っている・・・

細かな注文もできずに完成し、高い毎月のローンも払うことになった新居・・・ →「人生初の一戸建ては失敗だらけ」   まだ、子供にお金が掛からなかったこともあり、なんとかローンを返済できていまし …

知人との契約にまさかの落とし穴!

当たり前かもしれませんが、不動産に関わる契約は、「書面」ですることが重要です!! 不動産に関わらず、お金が絡んでくる約束事は、たとえ友人・知人・家族であっても必ず書面で残すことが大切!!ということを私 …

あせって不動産を購入しないほうがいい?

不動産(土地・建物)の購入というものは、普通なら人生でそう何度もないと思います。   が!!! 私達夫婦は違いました・・・ 過去に新築1戸建てを建てたこともあるし、中古の店舗併用住宅を購入し …

結婚して借りた「離れ」

まだまだ若かった頃、結婚するにあたり、住むところはどうするか・・・という頃の話。 旦那さん(三男)は実家で働いていた為、必然的にその地に住むものだと思っていました。しかも、かつて村だったかなりの田舎。 …

こんにちは!「あくあまりん」です。
40代で建てる店舗併用住宅。
土地探しから家が完成するまでの奮闘や、
その後の暮らしにまつわることを綴って
います。

詳しいプロフィールはこちら

 

2021年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930